ブルーライトは目だけでなく脳にも悪かった!

ブルーライトは目だけでなく脳にも悪かった!
暮らし

本業でも中小企業診断士の仕事でも必須のパソコン・スマホ。
私も少なくとも本業で12時間は向き合っています。
診断士に合格してからは、帰宅後にセミナーの資料を作成したりと、更にPCに向き合う時間が増えました。
意識的に減らさないと、身体にも悪影響がでるのかなあと感じます。
この機会に、調べてみました。

やっぱり脳にも悪かった

ブルーライトは目だけでなく、脳にも影響を及ぼしています。

参照:ブルーライトとは?目の不調、身体の不調の原因はこれだった!?知っておきたいブルーライトの影響と、その対策!
①体内時計が狂う
「人間の体は、ブルーライトを“朝の太陽の光”だと勘違いすることがあるといわれており、これが人の自律神経を乱れさせます。眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりします。」
②精神への影響
「ブルーライトはとても明るく強い光なので、目の網膜から脳へとズドンとダイレクトに伝わります。この伝わりかたが強すぎるので、アドレナリンやコルチゾール、セトロニンなどのホルモンを刺激してしまいます。」

やはり、交感神経への影響も強そうです。
副交感神経を活発にさせるウォーキング効果はこちら。

対策

以前よりPCを使う時間が増えた分、対策もしないとまずいです。
私が現在心がけている対策をご紹介します。

ブルーライトカットメガネ

メガネと本
私はZoff派です。
特に、ZoffSMARTはフレームが軽く耳への負担が少なく、楽です。
以前はコンタクトレンズを毎日入れていましたが、最近はずっとメガネです。
実はメガネはあまり好きではないのですが、それより頭痛がひどくなって変えました。
これだけでだいぶ楽になりましたし、特に頭痛や寝付きがよくなりました。
PC用のメガネは、わざと度を落として、0.8くらいにしています。
PCを見るときはどうしても近距離で細かい字を見るので、1.0以上見えると疲れてしまいますよ、とメガネ屋さんに勧められました。

ブルーライトをカットする液晶画面シートを貼る

ブルーライトをカットしてくれる液晶画面シートが販売されています。
ちょっとお値段は高めですが、発射元からカットするので効果が高そうです。

画面の照度を下げる

本業の会社では、節電の観点から(!)画面照度は●%以下にしろ、とお達しがあります。
私は40%くらいにしています。
画面から発射される光そのものを減らす行為です。

休憩をとる

画面に集中している間、脳もフル回転をしています。1時間毎に10分〜15分の休憩を取ることも有益です。
私は、トイレでラジオ体操をしたりします。お姉さんたちに怪しまれます。

睡眠前は操作をやめる

睡眠前にスマホをいじる行為は自殺行為です。今日から辞めましょう。
睡眠前に交感神経を高ぶらせてしまいます。
2時間前くらいからやめれればいいのですが・・・結局お風呂入る前まで(1時間くらい前)が私も現状です。

iPhoneはNight Shift機能を1日中設定する

iPhoneを使っている人は、Night Shift機能を1日中設定する方法があります。

【iOS 9.3】ブルーライトを減らす「Night Shift」を常にオンにする方法
http://www.appbank.net/2016/04/02/iphone-news/1187773.php

いかがでしょうか?少しでもブルーライトの影響を減らして、快適な毎日を過ごしたいものです。
そもそも、スマホに関わる時間ももう少し減らしたいような・・・
またこれもいつか記事にしたいと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

好きなものに囲まれる生活、その時の気分で少しずつ変わっていく大切なことや、楽しんでいることを書き残しています。毎日をほんのちょっと丁寧に。
ABOUT