お店の名前はコンセプトの塊だ!!

マーケティング

中小企業診断士のよねこです。

今日は、お店の「名前」について考えていきたいと思います。

「あなたのお店のコンセプトはなんですか?」

お店の売上がいまいち伸びない・・・
この商品ラインナップでよいのか、不安・・・
今勤めている公的機関で、最初にお店の方から伺うお話です。
その後、専門家の先生と一緒に診断にお伺いするとき、大抵一番最初に聞く質問は
「あなたのお店のコンセプトはなんですか?」です。

が、だいたいの方は、言葉につまってしまいます。
「コンセプトって・・・考えたことないですね」とか。

私も、中小企業診断士のコンセプトってなんですか?と聞かれても
答えられません・・・

専門家の先生とコンセプトの構築を一緒にやっていくと、お店の方向性が定まってきて
「こういうお店をつくりたいんだよね!」と、表情明るく話してくださる方もいます。
そうすると、その後は具体的な商品にコンセプトが具体化されて、
お店の雰囲気ががらりと変わるのですから、
ちょっとの差が、大きい差なのだなと感じます。

では、お店の名前の由来は??

「あなたのお店のコンセプトはなんですか?」
と伺うと、大抵の方は言葉に詰まってしまいます。

でも、質問をこう変えると、みなさん嬉しそうに話されるのです。

「お店の名前は●●ですが、これってなんで●●なんですか?」

「いやあ、それにはこんなエピソードがあって・・・」
「●●は幸せを運ぶという言い伝えがあるらしいんです」
「こどもが見ても、すぐ読めて覚えられる店名にしたんです」

などなど。

まてまて、「コンセプト」ってなんか難しそうにしなくても
この「店名」の由来にこそ、お店の軸があるではないですか!!

店名の由来を、お客さまに伝える

店名の由来は、「大したことないんですけど」「恥ずかしいんですが」と
話される方もいます。
しかし、開業するときに、一生懸命考えて、「これだ!」と思って決められた、大切な名前です。
必ず、店主の方の思いがつまっているのです。

そのお店の思いを、どんな形でも(HP、チラシ、店前のA看板など)いいので
PRしてみませんか?
「そんなすてきな想いがこもったお店なんだ」
「このお店の店主の考え、好きだな」
と思ってくださるお客さまが、いるはずです。

お店の名前こそが、お店のストーリーそのものなのです。

お店の由来を楽しそうに話される店主の表情が、私は大好きです。

よねこでした。

よねとも(米澤智子)よねとも(米澤智子)

よねとも(米澤智子)

神奈川県在住のPRプロデューサー/中小企業診断士。ソーシャル・ビジネスで社会を変革する起業家を支え、PRを用いてインパクトを生み出します。

関連記事

よねとも(米澤智子)よねとも(米澤智子)

よねとも(米澤智子)

神奈川県在住のPRプロデューサー/中小企業診断士。 中小企業支援200社以上・経営者インタビュアー歴3年の取材経験を生かした丁寧なヒアリング&ライティング力で、社会的課題を解決する中小企業やフリーランスの皆様の志・ストーリーを言語化します。

おすすめnote

人気の記事

  1. 1

    FP1級(学科)に4か月で合格する勉強法

  2. 2

    初心者でも簡単にかっこいいサイトがつくれるWordPressテーマ「Sydney」

  3. 3

    FP1級(実技)これがベストの勉強方法だ!

  4. 4

    Wordpresで「重大なエラーが発生しました」と出たときの対処法

  5. 5

    中小企業診断士がライター業の単価をあげるためにやったこと

TOP