自分と向き合う時間を取ることの大切さ

起業に役立つ本

今日は、読書録です。
地元の本屋で何気なく見つけて、あっという間に読みました。

ブロガー「みう」さんの著作です。
ブログ:ヨガとシンプルライフ

ものを少なく持つと、本当に大切なものしか残らない

みうさんは、ヨガを家で練習するスペースを確保することから、シンプルライフが始まったそうです。
私も4月に引越しをしたとき、増えに増えたモノを大いに処分しました。
処分するときは、当たり前ですが「必要か不要か」を判断することになります。
残ったモノは、本当に自分に必要なモノです。
自分が本当に必要なモノに囲まれて過ごすことで、心にも余裕がうまれます。
モノの断捨離は、モノと自分の付き合い方を見直す機会です。

自分の身体に必要な食べ物とだけ向き合う

4月に転職してから、お弁当を作るようになりました。
土日にまとめて作り置きし、その中から少しずつローテして食べていきます。
当然ですが、食費が減りました。
もう一つは、食塩や砂糖が多く入った食事から、自然と遠ざかったこと。
遅い時間に外回りの仕事があるときは外で食べるのですが、しょっぱいなと感じます。
飲み物も、マイボトルにノンカフェインのルイボスティーです。
この暑い時期はジュースが飲みたくなりますが、前久しぶりに飲んだら、甘くて飲めませんでした…
以前は、お昼に甘い缶コーヒーを毎日飲んでいました。
あれもよく成分表を見ると、カロリーはあるし、砂糖もたくさんはいっています
イライラや頭痛がなくなり、体質改善につながっていると思います。

自分と向き合うヨガ

忙しいときは、呼吸が浅くなっていたり、呼吸をしていないときがあります。
この本を読んでから、寝る前に瞑想をするようになりました。

以前も書いた、マインドフルネスです。

「今、ここにいる自分」に集中し、呼吸のみに意識を傾けることで、自然と脳が休まり、筋肉もほぐれていきます。
自分の身体と正直に向き合うこと、これを続けることで、集中力も自然と高まると思います。
「ヨガやりたいな〜」と前から思っていたので、この機会にヨガスクールのレッスンを予約しました!
楽しみです。

転職して早くも5か月目。
料理をして夫と一緒にご飯を食べる。
寝る前のストレッチ。
早めに休んで、朝は太陽の光を浴びる。
自分の好きな本を気の赴くままに読む。
何気ない一つ一つの時間が、大切であることに気がつきました。

よねとも(米澤智子)よねとも(米澤智子)

よねとも(米澤智子)

神奈川県在住のPRプロデューサー/中小企業診断士。ソーシャル・ビジネスで社会を変革する起業家を支え、PRを用いてインパクトを生み出します。

関連記事

よねとも(米澤智子)よねとも(米澤智子)

よねとも(米澤智子)

神奈川県在住のPRプロデューサー/中小企業診断士。 中小企業支援200社以上・経営者インタビュアー歴3年の取材経験を生かした丁寧なヒアリング&ライティング力で、社会的課題を解決する中小企業やフリーランスの皆様の志・ストーリーを言語化します。

おすすめnote

人気の記事

  1. 1

    FP1級(学科)に4か月で合格する勉強法

  2. 2

    初心者でも簡単にかっこいいサイトがつくれるWordPressテーマ「Sydney」

  3. 3

    FP1級(実技)これがベストの勉強方法だ!

  4. 4

    Wordpresで「重大なエラーが発生しました」と出たときの対処法

  5. 5

    事業復活支援金について

TOP